美容のために精製水を活用しよう

洗顔した後、化粧水をつけても上手く浸透していないと感じることがあります。

美容のために精製水を活用しよう

美容のために精製水を活用しよう 洗顔した後、化粧水をつけても上手く浸透していないと感じることがあります。そんなときは、精製水を使って水道水に含まれているカルキを洗い流してから化粧水をつけてみましょう。不要なものを洗い流してから化粧水をつければ、驚くほどお肌によくなじむからです。精製水の使い方としては、いつものように洗顔した後、精製水で顔全体を洗い流す方法があります。その際はタオルで拭き取ってしまわずに、すぐに化粧水をつけるようにしましょう。そうすることで、精製水が呼び水のような状態になるため、その後につける化粧水の浸透力がアップすると言われています。

また、コットンやシートマスクに精製水をたっぷり含ませて顔全体にパックするという方法もあります。その際は精製水をたっぷり使ってパックし、パックをはずした後は精製水を拭き取らないように気をつけましょう。もちろん、化粧水を浸透させた後は、美容のためにもクリームを塗って保湿することが重要です。せっかくお肌に浸透した水分を蒸発させてしまわないように、美容成分がふんだんに配合されているクリームをたっぷり塗って、きちんと保湿するように心がけましょう。ちなみに、クリームがない場合は、美容オイルを手のひらで温めてお肌になじませると、お肌をしっかり保湿できます。